top of page

楽しみながら親子で森を知るイベント「森と友だちになろう」開催!


 山梨日日新聞社や県内企業、団体が進める「やまなしSDGsプロジェクト」は21日、甲府・山日YBSホールで親子を対象にしたセミナー「森と友だちになろう」を開きます。

 プロジェクトが取り組む、森を持続的に活用していくためのアクション「moritomirai(モリトミライ)」の関連イベントです。「東京大富士癒しの森研究所」(山中湖村)の斎藤暖生所長が講師となり、家の中にある木製品がどこの森の木からできているものかを考えたり、木の実を使った工作をしたりして楽しみます。マイクロレンズを使った観察、県内で森と気軽に触れ合える場所を紹介するマップも発表します。

 セミナーは、プロジェクトなどが20、21の両日開く「やまなしSDGsウィーク2022」の一環。参加無料で定員は50人です。

 参加申し込みは、専用サイト(https://sdgsweek.hp.peraichi.com/yamanashi)の応募フォームからお願いします。セミナーのイベント番号は12番です。定員になり次第、締め切らせていただきます。

最新記事

すべて表示

11月11日、北杜で財産区の森林活用を考えるシンポジウム

NPO法人山梨地域研究所は11月11日、北杜市高根町の清里の森「森の音楽堂」で、シンポジウム「財産区の森林活用を地域で考える」を開く。現在参加者を募集していている。 将来の財産区の森林や組織の姿について考え、共有していこうと企画。東京農大の山下詠子准教授による「森林の管理と地域自治」と題した基調講演のほか、山下准教授と財産区で森林管理を行っている当事者、森林活用のプロらによるパネルディスカッション

Comments


bottom of page